【インタビュー】マレーシアのDACSEEが描くライドシェアの未来② -更新

【インタビュー】マレーシアのDACSEEが描くライドシェアの未来② -更新

仮想通貨サテライト

公共交通機関としてのライドシェアリングは着実にスタンダードなモデルになっています。 AndroidプラットフォームとiOSプラットフォームの両方で、新しいライドシェアリングが利用でき、誰でも指先一つで運転席にアクセスできます。しかし、ライドシェアリングがしばしば見落とす点は、3つのステークホルダー間の関係です。ドライバー、顧客、そして会社です。

今日、私たちは、Dacsee Co. Ltd.の創設者兼CEOであるLim Chiew Shan氏を紹介します。 彼は、IT業界で18年の経験を持ち、カスタマーリレーションシップマネジメントに注力し、モバイルアプリ企業であるIncredible QRを設立しました。

現在、Shan氏はエコノミーシェアに対して動機と情熱を注ぎ、先導する彼の最新作であるモバイルアプリを利用したDACSEEプラットフォームの先頭に立っています。これは、分散型代替タクシーサービスを提供し、誰にとっても力を発揮します。

Q1. DACSEEプラットフォームはどう始めればよいですか?

主に企業の世界に拠点を置く同創業者と共に私自身は、過去1年半にわたり地方分権化モデルとブロックチェーン技術について学びました。我々は、まだほとんど存在していない自己持続可能なビジネスモデルを立てることは素晴らしいことだと考えました。私たちは、革新すべき産業を、私たちの個人的な経験、私たちが持っている資源、地球規模の問題に照らし合わせながら探求し始めました。

Q2: 現在のライドシェアリングサービスで「DACSEEプラットフォーム」を使ってどのような問題を解決したいですか?

DACSEEは、真に持続可能な社会移転プラットフォームをさまざまな形で創造することを目指しています。マレーシアのような多くの国では、運賃は長年にわたり停滞しており、運転手は生計費が上昇し続ける中でまともな生活を送るために苦労しています。新しいDACSEEモバイルアプリは、次のように広くコミュニティに役立ちます。

中間手数料を取り除き、それをコミュニティに返す:DACSEEのP2Pシステムは、サークル・オブ・フレンズプールを通じてDACSEEプラットフォームをまとめて構成するドライバー、乗客、地方自治体にプラットフォームを再配布します。

「サークル・オブ・フレンズ」プールを通じて地域社会に力を与える:DACSEE運賃から取られたすべての手数料は、この集合プールに入金され、次に、以下の4つの基準に従ってステークホルダー:上記でこう訳されていたに再配分されます。コミュニティランキング、プラットフォームの滞在時間、プラットフォームでの乗車数、サークル・オブ・フレンズのサイズが上記に含まれます。

シンプルで便利な支払い:乗客は同じトークンまたは他の従来の方法で支払うことを選択することができます。

取引を透明化し可視化する: ブロックチェーン技術を使用して構築された情報は、運転手、乗客、および当局を含むすべての利害関係者のために記録されます。

地方自治体と政府のパートナーシップの育成:DACSEEプラットフォームは、地方自治体と提携して、パートナーシップを実施することを歓迎している地域でのパートナーシップと実施を展開させることを考えています。

Q3: あなたはプラットフォームを「コミュニティのために、コミュニティが利用するために」と表現していますが それはなぜですか?

DACSEEは、長期的に生活費を賄えることができるように、プラットフォーム内のドライバーに収益を与えるように設計されています。マレーシアのような多くの国では、運賃は長年にわたり停滞しており、運転手は生計費が上昇し続ける中でまともな生活を送るために苦労しています。ピアツーピアシステムとして、DACSEEはコミュニティの関与を歓迎し、つながりを促進することを目指しています。仲介者がいないため、運転手と乗客はプラットフォーム内でできるだけ多くのタスクを実行する必要があります。

その一例は、新しいドライバーの検証プロセスです。プラットフォームに参加するためのドライバーライセンスは、当局に送られる前に最終承認のため、仲間の運転手によって審査されます。問題がなければDACSEEネットワークに参加し、確認が取れるとそれらのドライバーから永続的な定期的なボーナスが与えられ、コミュニティネットワークに追加されます。

運転手の退職に伴い、DACSEE資格と「サークル・オブ・フレンズ」を次世代に引き継ぎ、「家族経営」として運営することができました。このような革新的なプラットフォームは、既存のシェアリングエコノミー環境では実現されておらず、DACSEEは持続可能なビジネスモデルとなっています。

Q4. ブロックチェーンの技術を地域のコミュニティに奨励するにはどうすればよいですか?

ドライバーの募集開始から2ヶ月半の間に、タイ、マレーシア、インドネシアなどの市場でDACSEEのドライバーネットワークに3万人以上のドライバーがサインアップしました。

DACSEEにとって最も重要な継続的な課題は、分権化の真の根本的な価値とそれが地域社会に与える影響を理解するためのコミュニティを教育し、構築することです。クアラルンプール、バンコク、インドネシアなどの東南アジアの都市でミートアップを開催してきました。これらのミートアップでは、地元のコミュニティは非常に興味を示し、特に追加のプールへの参加ボーナスを稼げるP2Pプラットフォームに関心があり、プラットフォームから作られた利益は間接費や投資家の支払いに使用されないとわかりました。

まとめ

DACSEEモバイルアプリケーションは、ブロックチェーンおよび分散化を利用して、ドライバー中心の、権威に優しいプラットフォームを作成し、乗客に最高のユーザーエクスペリエンスを提供します。

DACSEEは現在、クアラルンプール、バンコク、ジャカルタ、上海、ソウルにオフィスを構えています。 DACSEEの最初のローンチはマレーシアです。 現在までに、DACSEEは、プライベートセールおよびパブリックセールから2500万ドル以上を調達することに成功しており、後者は2017年12月に開始されました。